Img_bb57ce6402517be5c83a772e8753853b
床ずれ処置中
いずみ(ラブラドール・女の子)は、15歳。9月30日で16歳になります。


手に10㎝以上の大きな癌があります。
床擦れもあります。

大型犬(今は20キロくらい)なので、よっこいせと母と二人で持ち上げるので、腰にくる(笑)

食事も流動食を注入器で食べさせています。

1日半に一度、患部を洗い(お風呂場のシャワーで、ぬるま湯をそーっとかけるだけ。石鹸を使ったり、ごしごし洗ったりはしません。)、包帯を巻いたり、自宅で母と処置をしています。

あとは、関節が固まってくるので、ほどよく曲げ伸ばしのストレッチ。

なかなか手間がかかる力仕事の上、私が出かけると、いずみの具合が悪くなる、、、

でも、普段は癌でもあまり痛がらないのが幸いです(*^_^*)


16歳というのは、大型犬にしては、なかなかの高齢。
10歳過ぎた大型犬は、神様からの贈りものだそうです。
6年前は、師匠横山先生が亡くなった年です。
ずっと、どんな時もいずみがそばにいてくれています。


犬はパートナー。
パートナーが弱っている時、助けてあげるのは当然。
老犬も、とってもかわいいですよ~(*^_^*)
赤ちゃんの時と、かわいさは変わらないですね。


犬は、目に見えないところで、とても役に立っています。

絶大な癒しになっているし、いずみが来てから、一度も泥棒騒ぎをしませんしね。
大型の黒い犬(一見ド―ベルマン)がうろうろしてる室内に、あえて泥棒も入ろうとしないでしょう(笑)
もう少し涼しくなったら、外に出してあげられるかなー。
今はまだ外が暑いので、家の中で場所を変えて、気分転換。
Img_623b4ea04b7eb32f5f8e8bd965b52c4f
食事中。もぐもぐ・・・
食事は、ドックフード、果物、肉、野菜、犬用チーズなどをミキサーで細かくして、食べさせています。

少し前までは、小さくすれば噛めたのですが、筋力が無くなったらしく、一度食べられなくなってしまって、、、
食べないので、みるみる痩せて弱ってしまい、、、(T_T)

ミキサー登場。
ドックフードは、ミキサーで細かくしても大粒が残るので、ザルでこします。


さつまいも、キャベツ、トマトなどを煮込んだスープ(塩分はごく少量)の具とスープ、水、バナナ、肉(鶏肉、刺身をバターで炒めたもの)などを、ミキサーに入れてこまかくします。
その日によって、お肉味にしたりバナナ味にしたり。

最後に、細かくしたドックフードを混ぜて、できあがり。

これなら、いずみもモリモリ食べることができて、元気回復!
注入器は、犬歯の後ろ側から注入すると良いみたいです。

スープは、火を通せば日持ちするので、作り置き。



犬も長寿になって来ていますね。
犬の介護施設も、最近出て来ているようです。

ペットと飼い主さんの、幸せな関係が続くといいですね!
Img_c42767be0ba51b971e411b122ce0c735
仲良しv
Img_951b44e12f7462f3d93bba7f22c6ba3d
富良野 ラベンダーの良い香り♪
先月、北海道に行ってきました!
ラベンダー畑が見たい!美味しいものが食べたい!
念願の北海道旅行でした。

1日目は、夕方に新千歳空港着、電車で札幌→ススキノ泊。
(ススキノ、新宿のような人混み、、)

2、3日目は、札幌でレンタカーを借りて移動。
2日目、札幌⇒滝川付近・トマト農園⇒陣内ファーム⇒富良野・ラベンダー⇒美瑛の丘
3日目、小樽⇒札幌観光

数100キロ運転しましたかね(^_^)←運転は任せて~♪


ラベンダーもとても良かったですが、美瑛の景色があまりにもすばらしくて、感激しました。
「美瑛の丘」というので、それなりの名所がひとつあるのかなー。と、さほど大きな期待はしないでいましたが・・・

とんでもない!
美瑛という町全体が丘でできていて、とにかく絵画のような美しい景色!
雄大な景色を眺めて、広い道路を運転して・・・感動しました(T_T)
Img_61b87d9a75c6bb5972cdd68de9ffd8fb
美瑛 広大!
各観光地では、海外からの旅行者もたくさんいましたよ。
富良野の富田ファームに行った時は、日本人より多かったも;

海外の方が、日本の文化(江戸、京都など)に興味を持たれるだけでなく、日本の自然にも着目してくれているところが、嬉しいですね。
※クリックすると、画像が大きくなります。

最近ブログで掲載している写真は、全部スマホで撮ったものですが・・・。
やっぱりカメラの方が良い感じになるなぁ。
Img_ceb7ff01f639ef076a34cfedbfd080a0
朝摘みトマト
Img_ddbb58720755b256653c593d64bc7ffb
小樽にて
Img_4c2f6df6a57743f512a23fe6506ca17f
札幌ラーメン



北海道はおいしい食べ物がたくさんありますね♪


朝摘みトマト、メロン、スイカ、ワイン、スープカレー、ラーメン、海鮮~♪
満喫しました(*^^*)
Img_d5eca075b8c74eb07985137cd3d79c72
消防犬ぶん公
小樽の、消防犬ぶん公って、知っていますか。

ぶん公は、火事の焼け跡で鳴いているのを消防隊員に保護され、消防団で育てられました。
その後ぶん公は、出動の際には、真っ先に消防車に乗り、現場ではホースを整えたり、とても活躍したワンちゃんだそうです。
消防車になじんでいる感じですね!


台風やら、猛暑やらで、あと1ヶ月くらい夏ですが、、、
元気にがんばりましょ~(*^_^*)


Img_692da36ea2417878bcfb3bf98055f6db
古屋先生はいつも笑顔^^
お疲れ様でした~!

猛暑の中でしたが、たくさんのお客様が聴いてくださっていました!
邦楽に全く関係のない方々にも聴いていただけて、とても嬉しかったです。


納涼祭は、庭園内が混雑するほど、にぎわっていました♪

野点や、俳句を作るところも、たくさんの人がいました。

縁日の焼きそばが、とても美味しかったです!(サクラエビが入ると、おいしくなるのかなぁ・・・)


旧安田庭園には、都内とは思えないほど、たくさんの動物や植物が。
夜、足元でなんか動いた、、、とぎょっとしたら、カエルがぴょこぴょこ。

池の周りは夜風が涼しく、提灯のやわらかい光と、聴こえてくる尺八や箏の音・・・
まさに日本の納涼でした!





いつもやさしい、清水さんと生田さん♪
皆さんのお世話やら、撮影やら、、、お疲れ様でした!
Img_69d3e48048fab763ae6c2f0c2b28fd28
待機中・・・
Img_df2231ef6b9cb7e268cdf7a5bafd5c9f
こちら↑が、演奏した場所。

このスペースが池の一角にあり、突風に楽譜をあおられながら、、(笑)
10人で演奏しました。

1曲、ソロも吹かせていただきました。
福田蘭童の”月光弄笛”でした。もっと情感たっぷりで吹けたらいいなぁ・・・


楽しかったです!
お疲れ様でした!
Img_0e5e159ad3547e04140448025a1f9be6
Img_d4f0c5b5f82ccbfaf1fd95123dfc4ce2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月20日(日)

第4回 パリマスタークラス!
9:30~17:00
古屋先生は尺八、大西先生はお筝のクラスです。

午後は、講習生による発表会。
フランスの皆さんと一緒に、尺八を吹くことができて、本当に嬉しかったです。
これからも、ぜひ尺八で演奏活動をしてほしいです!!

帰りに、皆さんと一杯!
シャブリ飲みましたv
美味しかった~!

夜は、打ち上げでした!←さすがに、22:00過ぎてパリの街を歩くのは危険なので、途中退出でした。
残念!


ちなみに、フランスで尺八を勉強している方は、とてもたくさんいます。
今回は、人数限定で募集したそうです。
交流が深まるという利点もありますし、交流どころか、講習前に行ったトイレで鍵が開かなくなって、閉じ込められてしまい、講習生の方に助けていただいたという、、、

鍵が開かず、Excuse me~と、声を出したら、速攻でコインを持って来てくれて、”together!”と言うので、内外で一緒に鍵を回して、扉が開いたという。

ほんと、助かりました。
ありがとうございました!
Img_e0866db7f261dbc9025efe6fdda301e2
帰国の日。パリの空・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月20日(日)
楽しかった旅も、今日で最後。
あまりにも良い旅で、言葉の壁、生活の違いなんてぶっ飛んで、「日本に帰りたくない!!」と、サン・シュルピス教会広場のベンチに座り、空を見上げて、一人で泣きそうでした。

実は、パリに行く前は、日本にいるのが嫌でした。
あの窮屈でシツコイ、どこに行っても同じ日本に帰るのかと、結構本気で帰国が嫌でした、、

一人でしょーんぼりしていたところで、桂さんが迎えに来てくれて、元気を出してお買い物♪

”パリでお買い物” ← 楽しそうでしょう(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Img_fd49028cf04dc381916cd867b7d9b044
ポワラーヌのクッキー♡
Img_e5dfdcce35d2d46785b3d53b9b88a445
ハーブ入りピーナッツ、REVOLのカップ
Img_71bf3ba2672efb6d876e819a13e1b895
エルベシャプリエのトートバック
夜のフライトまで、お買い物時間。まずは頼まれ物。

ポワラーヌのクッキー、食器用ナイフ、雑誌、モノプリのエコバック、エルベシャブリエのバック。
これらは外せなかった(笑)

* ポワラーヌ * ⇒ (Click!) 
パリで一番おいしいと言われている、老舗パン屋さん。
クッキー、絶品です!!
味を思い出すと、また食べたくなります~(>_<)!
飴も美味しそうでしたよ。
お店の方は、とてもフレンドリー。日本語単語をひとつ、ふたつ、話してくれました♪

* ル・ボン・マルシェ *
老舗高級デパート。
大西先生に、「ここならなんでも揃うわよ~」と教えていただいた、デパートです。
さすが、女性のツボにぴったりでした。
ここで、食器用ナイフと、コップ、食材を買いました。

なぜこのコップ?
実は、みんなが泊まったアパートに揃えてあり、「なんて使い易いんだろう。」と、とても印象的でした。ボン・マルシェで偶然見つけて、即買い(笑)

ナイフを探している時、ものすごくかわいい店員さんが、「Bonjour Madame!May I help you?」と、ニコっとして声をかけてくれて、ラッピングしてくれたり、親切にしてくれました!

そういえば、いろんなところで、Bonjour Madame!と。
人畜無害の日本人観光客に違いないと、思われてますね(笑)
言われてみると、とても響きが心地いいですよ~♪♪♪
丁重に扱っていただいてる気がして。
マドモアゼルじゃなくてもね(*^^*)


* エルベシャプリエ *

今思えば、こんなステキなお店⇒ (Click!) に、よく一人で買い物に行けたものだと、自分でも感心してしまう!

桂さんはお仕事、入れ替わりで佐藤くんがボン・マルシェまで付いて来てくれましたが、女子の買い物に付き合いきれなかったらしく(笑)「腹が減りました。ごはんと肉が食いたいっす」と言うので、一旦帰宅。

お店の場所は、アパートから歩いて10分程度。
スリや引ったくりの怖い目に合ったらどうしよかな、、と一抹の不安もありましたが、まぁ近いし、せっかくだし、なんとかなるか、と。
勇気を出して、一人で買い物に。

お店に入り、最初は少し緊張しましたが、これください、ステキなお店ですね、とカタコトでお話するうちに、なんとなく会話が成り立って行き(笑)
そして!ここでフランス最後のルンルン。

「キレイな英語ですね(^_^)」

いえ~い!私って英語が話せるようになっちゃったー??と、錯覚しました。

偏見が無いとも言えないだろう、というのは覚悟していましたが、店員さんは本当に親切でした。

英語の発音をほめられたのは、ひとえにハリーポッターを見まくったおかげでしょう。(← DVD全部持ってる)

それから、JYJのファンになったおかげで、旅の準備が手際良くできること(コンサートで日本各地を訪れたから)、記事は英語で書いてあることも多く、日常的に英語に触れてたからかなーと。
それが、正当な勉強方法かは疑問ですが(笑)、活きた勉強になっているようです。
ほんと、人生無駄無し。

ちなみに、現地値段はやっぱり安い!
免税手続きをすれば、5分の3以下くらい。
そんなわけで、普段は絶対できない2個買いしちゃったさ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Img_6712b1586e1d451f71d3448998882204
荷物が増えてる(笑)
お買い物も無事に済んで、いよいよ帰国です。

みんな、それぞれの用事があるので、宿泊先のホテルまでは、栗田さんと金子君がお見送りに来てくれました。
名残惜しい~残りの行程がんばって~!と、話しているうちに・・・
ガーン!!アパートにスマホ置いて来た~~~~~~~!!!!

そして。
金子くん、走ってくれました。
連日のスケジュールで疲れているのに、本当にすみません、、、、(T_T)
ありがとうございました!!
おかげさまで、無事に帰国することができました。

フランスありがとう!
お世話になった方々、パリのみなさん、本当にありがとうございました!


スマホは置いてくるし、金子くんがスマホを取りに行ってくれるのを待つ間、タクシーは近辺を一巡(路駐に厳しいらしく、警察が近くにいた)させてしまうし、イケメンタクシー運転手さん(韓流スター風 by金子くん)との会話も楽しかったものの、道路は渋滞。

なんとなく、こういう時って、空港行くなってことかと思って・・・とかいう落ちになったりして~
と、一抹の不安。
海外だしね、気をつけよーと、さっさと空港内に入って、乗り場まで行くことにしました。
そして、無事に日本に着く頃、ベルギー・ブリュッセル空港で爆破テロがありました。シャルル・ドゴール空港と、ブリュッセル空港は比較的近く、フランスでもテロを計画していたと知り、とても驚きました。
亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

世界では、その国その国の様々な事情、問題を抱えていますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Img_9650591581c2277368f7bec27227d392
古屋先生。お疲れ様でした!
一足先に帰国後、次の日からレッスンしちゃっていましたが、片づけやらいろいろしながらも、まだフランスにいるみなさんのことが気がかりで、落ち着かない感じでした。

心はフランスにいて、みなさんと共にいるつもりでした。

そして、みなさんの帰国日。
羽田にお迎えに行きました!
空港出待ち。←

さすがにお疲れの様子でしたが、みなさんのお顔を見て、やっと安心できました。
本当にお疲れ様でした(^_^)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆◆◇◇ 旅のまとめ ◇◇◆◆

◆ フランスに持って行って、役に立ったもの。

・靴クリーナー(たくさん歩くので、靴はけっこう汚れます。)
・地図(観光ガイドブックの付録が、薄くて持ちやすい)
・スリッパ(機内や室内。)
・保湿化粧品(乾燥します。リキッドファンデーション持参をおすすめ。)
・ホッカイロ(とにかく、寒い。防寒対策は二重に。)


◆ 便利!”海外旅行の持ち物チェック表”⇒ (Click!) 


フランスだと、さまざまな物が現地調達可能ですが、出費を減らしたり、そもそもお店を探すのも一苦労だと思うので、とりあえず一通り準備しておくのがおすすめです。

荷物はできるだけ少なく小さく軽く。そう思って準備すると、1週間分がスーツケースの半分で済みました!


◆ フランスでのお土産は、空港にはあまりお店が無いので、気に入ったものがあればその場で買った方が良いです。


◆ ヴェルサイユ・リヴ・ゴーシュ駅前に、マックが~!
やっぱり安心マック(笑)
注文は、タッチパネルの操作機で注文し、カウンターで会計。
分からないでいると、お店の方が、すすんでMay I help you?と、ニコニコで教えてくれますよ。
マックは気軽に入れるので、けっこうおすすめです。ほっと一息。

トイレは、レシートに記入してあるパスワードを入力して入ります。
行き帰り使わせていただきましたm(__)m

※トイレは、日本のように市内や各駅には無いので、観光地、飲食店等で済ませることをおすすめします。



◆ Bonjour! パリ・音楽の旅!その1⇒ (Click!) 

◆ Bonjour! パリ・音楽の旅!その2⇒ (Click!) 

◆ Bonjour! パリ・音楽の旅!その3⇒ (Click!) 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここまで、Bonjour!パリ・音楽の旅シリーズを読んでいただきまして、本当にありがとうございました。一緒にパリ気分を楽しんでいただけたら幸いです。

このシリーズを書いている最中、熊本・大分で大地震が起きました。
状況をみながら、被災された方々に失礼の無いように、更新して来ました。
亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げるとともに、一日も早い復興をお祈り致します。

普通に生きていくのも大変な世の中だなーと感じる時もありますが、みなさん、元気に楽しく過ごしましょう~!!

では、またお会いしましょう!
Img_dcdbcf31acb3d7b8d91e23020b87580e
創立70周年記念・音研第34回定期演奏会を聴きに行って来ました!
館野泉さんの、生演奏を聴きました♪


早川正昭さん作曲、バロック風「日本の四季」は、親しみ易い日本のメロディーがたくさん出て来て、楽しく聴かせていただきました♪

チターの生演奏を初めて聴きました!
会場が、異国の空気に包まれたような気がしました。
演奏者の内藤敏子さんは、秋篠宮妃紀子殿下のチターの先生をされているそうです。
すごいですね(*_*)!

Phantasmagoriaを、泊美佐子さん、小川由希子さんの演奏で聴かせていただきました。
私が今年のリサイタルで演奏したということもあり、より感情移入して、聴き入ってしまいました。。(T_T)

館野泉さん、ヤンネ館野さんお二人で、ジャズの曲を演奏されていました。
館野泉さんがホールに出て来られる姿を拝見しただけで、”来て良かった”と、思いました。

Phantasmagoriaの作曲者、中野佑香さんは、館野泉さんのご親戚です。

館野泉さんのソロは、有馬礼子先生作曲「左手のための子どもに聴かせたい”素描組曲”」でした。
途中、ねこふんじゃったのメロディが入ったり、先生のおちゃめなところを垣間見た気がしました。有馬先生は、私が在学中、教鞭を取られていたこともあり、なつかしく思い出しました。

最後に、舞台にいらっしゃる館野泉さんと、会場にいらした有馬先生が、お互い手を大きく振っていたお姿を拝見し、とても感動しました!

「左手のための子どもに聴かせたい”素描組曲”」は、年内に楽譜とCDが発売されるそうです。
館野泉さん、ファンクラブがあるんですね~すごいですね(*_*;!

音研を主宰している、中野秀男先生、すばらしい演奏会を聴かせていただきまして、本当にありがとうございました。